• このエントリーをはてなブックマークに追加

卸で購入するパワーストーン、タンブルやさざれ石

パワーストーンとは古代から存在する神秘的な石を言います。全ての石の原型である水晶や石英は非常にポピュラーであり、手に入れやすく、安いです。採掘量は他の石と比較すると多めな傾向にあります。石を加工する際に丸玉や置物系、ブレスレットに使う為に平たく加工したりと様々です。 しかし、中には「タンブル」というタイプの石があります。それは形が不揃いで少しゴツゴツとした印象を与えますが、丸みは帯びているのが特徴的です。親指ぐらいの大きさですが、最近ではそのようなタイプの石が減ってきています。卸でも当たり前のように見かけられなくなりました。 しかし、水晶や瑪瑙のタイプのものなら簡単に手に入る可能性があります。価格はピンキリで場所によりますが、100g、1,000円で買えれば安いと言えます。以前と比べ値上がりしているのが現実です。

丸玉などに加工した方が利益になる

卸では丸玉やブレスレットに使う穴空きの丸玉、平たく加工したパーツストーン、置物系など様々なパワーストーンアイテムを販売しています。しかし、年々、経過していく毎に「タンブル」の存在が薄くなってきています。理由はいくつかありますが、既に石のブームは静まってしまい、定番化してしまったのが大きなポイントです。 石自体は未だに人気は消えませんが、ブーム時の動きとは違い、生産を行う者が減ってきているのも一つの理由です。また、石をアクセサリーにする場合、丸玉にすることが多いため、「タンブル」サイズにして売るのは勿体ないと判断する職人が存在します。現実的に大きな石をカットして、余りの石を再利用するなら売れやすい丸玉に加工した方が利益になるのが一目瞭然です。よって卸業界でも以前より見かけなくなりました。

形や大きさによって値段が異なる、レアアイテムが滅多にない

パワーストーンの中でも「タンブル」はポピュラーでした。しかし、年々、経過していく内に手に入りにくくなっていて、さざれ石に近い物が姿を見せはじめています。今までの物であれば、大人の親指ぐらいの大きさでしたが、さざれ石に近い物は小指の爪程度のサイズです。このような現象が出てきてしまうと、やはり元々の「タンブル」は品が薄くなってきていると判明させられます。 業者やインターネットを介して石を買える問屋にもありますが、値段は以前と比較すると高くなっています100gで1,000円ぐらいの物が100gで2,000円など、値上がりしているのがネックです。中には激安で300gの水晶で不揃い、1,200円ぐらいで買えます。余談ですが、モルダバイトやアクアマリン、スギライトあたりになると値段は飛躍して、しかも簡単には手に入りません。